複数の借り入れを一つにまとめる

複数の消費者金融からお金を借りていて返済に困っている方、「おまとめローン」を検討したことはありませんか。最近では、銀行のみならず消費者金融でも提供しているおまとめローンですが、人によって選ぶポイントは様々だと思います。

 

 

おまとめローンは低金利が前提条件

複数の借金を一つにまとめることで返済のし忘れがなくなるなどのメリットもありますが、それはあくまでも副次的なメリットに過ぎません。本当に良いおまとめローンを選ぶのであれば、それらの副次的なメリットを考える前に、まずは「金利が低い」というメリットをとことん追求しなければなりません。

 

現在借りているローンよりも低い金利でおまとめできること、それがおまとめローンには何より求められていることです。

 

例えば、現在A社から50万円、B社から30万円、C社から20万円をぞれぞれ金利は年18%で返済期間を3年で借りているとしましょう。この状態では返済総額が約130万円となります。

 

この3社からの借金をD社の年15%の金利のおまとめローンで一本化するだけで、返済期間は3年間のまま返済総額は約125万円となり、返済総額は実に5万円も安くなるのです。

 

5万円も返済すべき金額が少なくなれば、それだけ返済も楽になるというものです。

 

返済期間が長くなるおまとめローンには要注意

おまとめローンのメリットとして、「月々の返済が楽になる」と謳っている業者もありますが、これに関しては注意が必要です。金利が低くなったことによって月々の返済が楽になっている場合もあれば、返済期間を長くしたから月々の返済が楽になっている場合もあるのです。

 

特に注意したいのは後者の方で、一見楽に感じている返済も俯瞰してみれば楽にはなっていません。

 

先ほどと同じ条件で、A社から50万円、B社から30万円、C社から20万円をぞれぞれ金利は年18%で返済期間を3年で借りているとしましょう。

 

この3社からの借金をD社の年15%の金利のおまとめローンで一本化するまでは同じなのですが、返済期間を3年から5年に延ばしますと返済総額は約142万円となり、おまとめローンで金利が低くなったのにもかかわらず返済総額はかえって増えてしまったという結果になります。

 

しかしそれも考えようで、毎月の返済金額を少なくすることで家計への負担を少しでも少なくできるメリットもあります。

 

おまとめローンを選ぶ際には、まず低金利であること、そして毎月の返済金額に注意して選ぶようにしましょう。

 

もちろん任意での返済ができれば問題はありませんので、ATMを利用した返済で手数料が無料となるおまとめローンに向くオリックス銀行のカードローンで借りることも考えてみると良いです。

 

おまとめ利用であるとしても申し込みも契約も来店不要となりますので、困ったときにはおまとめローンで使えるオリックス銀行ローンを見てください。

 

消費者金融でもおまとめ利用が可能

おまとめローンは低金利で借りるのが基本となるため、銀行のカードローンを使うのが一般的になります。しかし、銀行の審査基準をクリアできない場合には他のおまとめローンを利用することとなり、そうなると消費者金融での一本化が有効となります。

 

大手の消費者金融では商品としておまとめローンを用意しているところも、商品としてのラインアップはなくとも借りたお金でおまとめ利用ができるところがあります。商品としては用意がなくてもおまとめとしての利用に人気となるモビットなどの消費者金融もあるため、銀行で借りられない場合には検討をしてみましょう。

 

モビットの審査やおまとめに関する基本的な情報を知りたい方は、専門の情報ページとなるモビットのおまとめ審査を確認してください。