銀行の借り入れが適する理由

複数の借金をおまとめする際には、銀行のカードローンのほか、消費者金融などで提供しているおまとめローンを利用するなどの選択肢がありますが、やはり銀行のカードローンをおすすめします。

 

銀行のカードローンは低金利

まず何といっても、銀行のカードローンは低金利です。おまとめローンの前提条件としては、まず低金利であることが求められます。それ以外のメリットは「おまけ」に過ぎません。

 

銀行のカードローンは、大手銀行や地方銀行、ネット専業銀行などでばらつきはありますが、おおむね年5%~15%の金利となっています。消費者金融のおまとめローンは、上限金利を法律で定められた上限に近い年18%に設定しているケースが多く、3%も銀行のカードローンの方が低いです。

 

銀行のカードローンは多く借りられる

銀行のカードローンは、多く借りられることも見逃せません。一般的に、銀行のカードローンは消費者金融と比べて限度額を多く設定しています。しかも、銀行のカードローンには消費者金融の通常のローンで適用されている「総量規制」の対象とはなりません。

 

消費者金融のおまとめローンならば総量規制の適用を受けませんが、その分だけ利便性や審査の面で不安を抱えることとなります。

 

やはり本格的なおまとめローンを利用するなら銀行となりますので、銀行で借りるおまとめローンを考えるならオリックス銀行で借りる方法から検討をすべきとも言えます。